BLOG

内臓の話

東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。

東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示すだけでなく、臓器の働きによって生じる様々な現象も総合した概念的なものになります。

『五臓六腑』という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。

東洋医学でいう五臓とは?
肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)

となります。

臓には、それぞれ役割(生理作用)があり、この臓に変調が起きると症状が現れます。

ex)

怒り=肝臓、喜び=心(臓)、思い悩む=脾(臓)、悲しみ=肺、恐れる=腎(臓)

 

それに対して六腑とは?
胆(たん)・小腸(しょうちょう)・胃(い)・大腸(だいちょう)・膀胱(ぼうこう)・三焦(さんしょう)

になります。

腑は臓と対になっていて、臓に変調が起こると腑も変調すると言われています。

五臓六腑の詳しい生理作用などについては今度お話するとして、この中で『腰』と関係してくるのが『腎』となります。

ここで、いくつか質問をしたいと思いますので、当てはまる方はチェックしてみて下さい。

1.足腰がだるくなりやすい
2.階段を昇るのがきつく感じる
3.足がむくみやすい
4.足の裏が痛くなりやすい
5.尿の量や回数が多い。あるいは少ない
6.尿の切れが悪くなった気がする
7.記憶力が以前より落ちた
8.耳が遠くなったと思う

これらの症状がある方、もしかしたら『腎』の変調によっての腰痛かもしれませんよ!

腰痛や肩こり等で悩んでいて、その痛みの箇所だけを治療しても良くならないのは、もしかしたらそんなん原因があるかもしれないからかも?

 

鍼灸治療では、症状からどの臓腑に変調があるかを確認してツボ(経穴)を決めていきます!

 

身体の不調を感じる前に全身の調整をするのもとても大切です(^ ^)

 

 

 

MAKEBODYLABでは、トレーニングや治療、ビューティーに加え、

健康指導も行っております。

お身体に関してのお悩みなどございましたら、お気軽にご連絡ください!

スタッフ一同、心より皆様のご来店をお待ちしております。

 MAKEBODYLAB

open 11:00 - close 23:00

〒106-0032

東京都港区六本木7-7-13

アトラスタワー六本木2F

 

  • 特集記事

  • 最新記事

  • カテゴリ