BLOG

『肩こり・首こり』にお悩みの方必見!

 

こんにちは!

 

近年、デスクワークや、スマホの使い過ぎなどが『肩こり・首こり』で悩んでいる方が急増しています。

 

 

デスクでの不良姿勢とともに、ディスプレイのブルーライトによる眼精疲労が深刻な問題となっていることが多いようです。

 

 

まず、眼精疲労と首・肩こりの関係についてですが、

実は、目を動かす筋肉は頭と首のちょうど境目となる後頭部に位置しています。

目を酷使すると頭の付け根が張り、首・肩こりに繋がってくるということです。

 

そこで、今すぐできる『首・肩こりの解消法』を3つご紹介します。

 

  • 眼球を動かそう!

まず、色々な方向に大きく視線を動かしてみましょう

目を大きく動かすことによって、後頭部にある筋肉が緩んできて首こりを和らげてくれます。

特に1日中デスクワークをしている方は、どうしても目線を正面から動かすことが少なくなり、側方や後方への世界が狭くなってしまいます。

目線、首を多方向に大きく動かすことで、認識する世界も広がり、筋の過剰な収縮も抑えることができます!

 

 

 

  • あごの筋肉(咬筋)をほぐそう!

もう一つ、首こりを解消させる上で重要なのが、あごの筋肉(咬筋)です。

咬筋は頚椎の動きとの関わりが大きいため、ほぐしてあげることによって首こりにアプローチできます。

咬筋のほぐし方は簡単です!

「下を向いて口を開け、首を大きくブルブルと左右に振る」だけです。

よだれが飛び散るほどやる必要はありません!笑

口周りを脱力させ、振ってあげることにより、あごの筋肉をほぐすことができます。

 

 

 

  • 鎖骨を叩こう!

最後に首・肩全体の凝りを解消させる方法です。

やり方は、「鎖骨の外側を指二本でトントントンと叩いて振動刺激を与えてあげる」だけです。

筋肉は付着する骨への振動刺激で緩む性質があるため、鎖骨に付着し、首・肩に関与する僧帽筋をほぐすことができます。

 

 

 

どれも自分でできる簡単な方法ですので、

肩こり・首こりでお悩みの方は、ぜひ試してみて下さい!

 

  • 特集記事

  • 最新記事

  • カテゴリ