BLOG

さつまいも☆

みなさん、こんばんは!!

秋の味覚、さつまいも

ホクホクとした食感で、焼き芋にしたりアレンジしてみたりと幅広くいただく事が出来ますね(^^)

寒くなるにつれ、甘みも増し秋から冬にかけての私の楽しみでもあります!!

さつまいもと聞くと食物繊維というイメージがあるかと思います。

ですが、さつまいもには食物繊維以外にも知られていないたくさんの栄養素が含まれているのです!!

今日はそんなさつまいもについて調べてみましたので

みなさんにもお伝えいたします!!!

食物繊維

こちらは、最初にお話した通りさつまいもにたくさん含まれている栄養素の1つです。

さつまいもには不溶性食物繊維セルロースという栄養が多く含まれています。セルロースは腸を刺激し、便通を促進便秘を解消する効果が期待できます。

 ちなみに、食物繊維第6の栄養素と呼ばれておりさつまいもには他の芋類と比べ約3倍の食物繊維が含まれているそうです。

 

 

ヤラピン

さつまいも唯一の成分で特に注目の栄養素がヤラピン(切り口から出る白い液体です)です。

ヤラピンは、腸の蠕動運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。

さつまいもが便秘に効果的なのは、食物繊維とヤラピンの相乗効果があると言われているそうです。

 

 

ガングリオシド

さつまいもには、ガングリオシドという成分が含まれています。

ガングリオシドは、人間の脳や体に存在する糖脂質の一種です。ガングリオシドは、がん細胞の増殖を抑える働きがあり、がん予防の効果が期待されています。

また、ガングリオシド認知症の予防抗菌作用アンチエイジングの効能なども期待されています。

 

ビタミンC

さつまいもの栄養でもう一つ注目すべきは、ビタミンCです。

さつまいものビタミンCイモ類でトップの含有量です。ちょっと驚きですね。

ビタミンC抗酸化作用を持つ栄養で、皮膚や血管の老化を防ぐ効果があります。また、ビタミンEも含まれダブルの効果で肌に潤いを与え美肌効果も期待されます。

さらに、ストレスを軽減させる作用免疫力を向上させる効能などもあるそうです。

 

カリウム

さつまいもにはカリウムという栄養も豊富に含まれています。

カリウムは余分なナトリウム(塩分)を排出するので、高血圧の予防むくみ防止に効果があります。

また、カリウム筋肉の収縮を正常に行う栄養としても知られています。

 

ビタミンB群とミネラルの効果

さつまいもの栄養はビタミンB群、ミネラルも含まれます。

特にさつまいもに含まれるビタミンB群の栄養が優秀で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸とかなり豊富に含まれています。

 

 

ビタミンB群の栄養には様々な効果・効能がありますが、エネルギーの代謝が良くなり、太りにくくダイエット効果が期待されます。

 

また、脳や神経機能を維持する効能髪や爪粘膜を健康に保つ効果ホルモンの分泌を高める働きなどがあります。

また、さつまいもはカルシウムも多く含んでおり、骨や歯を丈夫にする働きがあります。

以上がさつまいもの栄養素についてです。

こうしてみてみると沢山の種類がありますね!!

さつまいもは実にも豊富な栄養が含まれていますが、栄養の多くは皮または実と皮の間に多く含まれています。

特に、ビタミンCカルシウムといった栄養はに、ヤラピンは皮と実の間に多く含まれます。

ビタミンCは本来、熱に弱い栄養ですが、さつまいもの皮のデンプンにガードされ熱に強くなるという特徴があります。

こうした理由から、さつまいもは皮をむいて食べるのはもったいないですね。なるべく皮まで食べれる調理法で、無駄なく栄養を取り込むことが大切です!!

 

栄養素のあるものを取り入れて寒さに負けない体作りをして行きましょう!!

—————————————————————————

MAKEBODYLABでは、トレーニングや治療、ビューティーに加え、

健康指導も行っております。

お身体に関してのお悩みなどございましたら、お気軽にご連絡ください!

スタッフ一同、心より皆様のご来店をお待ちしております。

MAKEBODYLAB

open 11:00 - close 23:00

〒106-0032

東京都港区六本木7-7-13

アトラスタワー六本木2F

  • 特集記事

  • 最新記事

  • カテゴリ