BLOG

リュックサックで腰椎カバー

 

重い荷物などを運ぶのに便利なリュックサックですが、他にも役割を果たしていることが分かったそうです!

 

リュックサックは荷物の運搬方法において運動強度が低い方法のひとつとされており、さらなる工夫によっては腰椎にポジティブな効果を生み出すと考えられています。

 

 

まず一般的に、凹凸のある地形を歩行する際は、腰部への負担が最小限になるように、重量のある荷物はリュックサックの中において下部に置くと良いです。

 

凹凸のある地面では荷物が運ばれるたび、加速と減速が生じます。

 

荷物を腰部の近くに置くことで、リュック全体を運ぶのに必要な力は軽減されます。

 

反対に、平坦な道であれば、重量のある荷物はリュックの上部に置き、腰部や股関節の支点の真上にすることで、体幹の力は小さくて済み、結果として腰椎への負荷も減少します。

 

 

実際に、体幹を前傾させる疼痛回避姿勢を呈す椎間板由来の腰痛患者に対し、腰椎付近に負荷をかけるリュックを背負わせ凸凹の道を歩かせるといったアプローチもあるようです。

 

 

また、研究においても9kgの負荷をリュックに入れて持ち運んでも腰椎への負荷は増えなかったという報告もあります。

 

 

しかし、日常でよくみられる肩紐を最大まで長くする背負い方では、腰椎へのモーメントアームが長くなるため、腰部への負荷は高まると考えられます。

 

なので体に合った長さ、サイズに調節することが大切です!

 

 

 

MAKEBODYLAB
open 11:00 - close 23:00
〒106-0032
東京都港区六本木7-7-13
アトラスタワー六本木2F

  • 特集記事

  • 最新記事

  • カテゴリ